【KATO(カトー)】Nゲージ鉄道模型の買取査定額を詳しく紹介!

KATO(カトー)の鉄道模型の
買取価格相場を徹底検証!

KATO(カトー)とは?

KATO(カトー)の鉄道模型の買取価格相場を徹底検証!
出典:買取コレクター

「KATO(カトー)」は1957年に加藤祐治によって創業された関水金属彫工舎が前身の鉄道模型メーカーで、日本初のNゲージ鉄道模型を販売したことでも有名です。

Nゲージはレール幅9mmの日本で最も普及している鉄道模型サイズ。車両は実際の電車の1/150で、コンパクトながらも精密で一畳分のスペースでも楽しめることから人気があります。

KATOはこのNゲージの他にもZゲージやHOゲージなど代表的な規格をすべてカバーする商品展開で、創業時から自社開発と自社製造に対するこだわり、すべてのパーツを国産で貫いているため、その品質の高さは日本のみならず海外からも高い評価を受けています。

C50形蒸気機関車をはじめとする、国鉄時代から現在に至るまでの数多くのJR鉄道模型のラインナップを誇っており、特に過去のカタログ落ち商品や限定生産品、鉄道会社からの製作依頼品などはコレクターの収集の的となっています。

私鉄の車両のラインナップはトミックスやマイクロエースなどのメーカーと比べると少ない印象を受けますが、比較的手ごろな価格で買うことができるため、幅広い年齢層に愛されていると言えます。

鉄道模型そのものももちろん細部にまでこだわって丁寧に製造されており、車輪の細かい動きなども楽しむことができますが、線路のレイアウトや、周囲の山や川などもすべてリアルに再現されており、踏切や信号機といった備品もすべてKATOで揃えることができるのも魅力のひとつですね。

カタログは3~4年ごとに発行されていますが、在庫切れの場合は次回生産まで2年間以上待つ必要があるなど、なかなか手に入りにくいモデルも存在します。 2008年以降、特に人気の高い車種を「ベストセレクション」に指定し、頻繁に再生産をすることで安定的な在庫供給を行えるよう対策が施されたようです。

KATO(カトー)の人気モデルご紹介!

500系新幹線のぞみ

500系新幹線のぞみ
出典:https://www.mid-9.com/

最速の新幹線として登場した500系新幹線は、300km/hという最高速度を実現するために、空気力学的に優れ、鋭くダイナミックなフォルムが採用され人気を博しました。KATOブランドから販売されている500系新幹線「のぞみ」は、その鋭利でスタイリッシュなフォルムの実車を忠実に再現することに成功した鉄道模型です。

増結セットと組み合わせれば実車と同じように16車輛編成にすることもでき、号車番号や車体ナンバーなどの車体表記、特高圧用車体碍子をはじめとする屋根上形状なども的確に再現されており、テールライトも点灯するなど細かな造りが魅力です。

115系 1000番台 湘南色

115系 1000番台 湘南色
出典:https://www.mid-9.com/

オレンジとモスグリーンのツートンカラーが目を引くこちらの模型は、1977年に上越線、信越線、篠ノ井線など寒冷地の旧型電車を置き換える形で登場した車両を鉄道模型で再現した製品になります。4両編成のお手軽な編成からはじめることができ、組み合わせることで最大15両の長大な編成を再現できるほか、別売りのサウンドカードと合わせると、リアルな音と動きの演出による運転を楽しめるという魅力的なモデル。先頭車にJRマーク印刷、JR無線アンテナ搭載など、湘南新宿ライン開業直前の頃の姿を完全再現しており、付属の行先表示シールからお好みの行先を設定することもできるなど、遊び心も忘れていません。

883系 ソニック リニューアル車

883系 ソニック リニューアル車
出典:http://kusatan2001.jugem.jp/?eid=1999

1995年に登場した883系「ソニック」は、2007年までに全車リニューアル工事を行い、メタリックブルーの車体色で統一されました。ステンレス車体で統一された外観と、リニューアル時に変更された深いメタリックブルー塗装、正面の「S」エンブレム、クロハ882の扉付近の小窓、追設された屋根上機器類、乗務員室扉下に増設された銀色の手掛け、先頭車に増設された扇風機カバー付の屋根、6号車へ増設された無線アンテナなど細部まで忠実に再現したこちらの模型は、実車同様にカーブで車体が内側に傾斜するギミック装備を搭載しています。

KATO(カトー)の鉄道模型の買取価格相場は?

スケール 製品名 備考 買取相場価格
Nゲージ 台湾高鐵 通車記念 700T 12両セット 60,000 円
201系 試作車 エメラルドグリーン 6両セット 38,500円
22-050 ECS-1運転台形コントローラー 30,000円
EF70-27 電気機関車 26,500円
201系 900番台 試作車 エメラルドグリーン 6両セット 25,500円
201系 通勤電車 試作車 カナリア色 6両セット 25,000円
21000系 近畿日本鉄道 アーバンライナー 6両セット 23,500円
TGV Duplex 10両セット 21,250円
タリス PBKA 10両セット 21,000円
HOゲージ 1-202 D51 標準形 蒸気機関車 21,000円
Nゲージ 東京急行電鉄 創立80周年記念 東京急行電車 5000系 20,500円
ED70 電気機関車 赤 19,000円
HOゲージ 電気機関車 1-301 EF58 17,500円
Nゲージ レジェンドコレクション 国鉄電車 151系「こだま・つばめ」12両セット 17,500円
レジェンドコレクション 581系 寝台特急「月光」 17,500円
29-826 DD51 北斗星色 DCCサウンド搭載済 16,500円
29-827 DD51 耐寒形 DCCサウンドデコーダ搭載 15,500円
E5系新幹線 4両基本セット 16,000円
キハ82系 気動車 4両基本セット 15,250円
1-306 EF65-1000 後期形24000 12,000円

KATO(カトー)の鉄道模型の買取価格を3社比較してみました!

スケール 買取コレクター買取コレクター たぶれっとたぶれっと 大黒屋大黒屋
Nゲージ 301 国鉄EF70形電気機関車 EF7027 13,250円 8,000円 7,500円
E231系 500番台 山手線 ジャック 24 GEO 25,500円 21,000円 要見積もり
1-306 EF65-1000 後期形 15,000円 12,000円 8,400円
1-701 DD51(耐寒形)ディーゼル機関車 14,000円 10,030円 9,800円
3-501 近畿日本鉄道 21000系 アーバンライナー 6両セット 22,250円 19,800円 18,000円
TGV タリス Thalys PBKA型 10両セット 15,000円 13,000円 12,300円
285系 0番台 「サンライズエクスプレス」 7両 14,000円 12,000円 10,800円
581系 寝台特急「月光」 (レジェンドコレクション)  12両セット 16,500円 13,500円 13,000円
E655系なごみ(和) 5両セット 35,000円 7,500円 6,000円
E231系500番台リラックマみどりの山手線ラッピングトレイン 11両セット 13,400円 13,000円 14,000円
683系8000番台「スノーラビット エクスプレス」 9両セット 19,500円 10,500円 10,500円
京浜急行800形 6両セット 7,500円 4,500円 3,000円
E3系1000番台 山形新幹線「つばさ」 7両セット 6,500円 7,000円 6,000円
E5系「はやぶさ」・E6系「スーパーこまち」複線スターターセット 7,500円 4,500円 4,500円
313系8500番台「セントラルライナー」 9,000円 6,500円 5,000円
HOゲージ C56 蒸気機関車 54,000円 15,000円 14,500円
EF650 一般色 11,000円 8,000円 7,400円
HO スターターセット DD51貨物列車 14,250円 13,500円 13,000円
DCC EF510 北斗星 サウンド搭載 56500円 15,000円 12,400円

KATO(カトー)の鉄道模型を売るときのポイント

箱や車体はクリーニングしておこう

鉄道模型を査定に出すとき、もっとも大きく査定額を左右するのはやはり模型そのものの状態です。エアダスターを使ってホコリを飛ばし、濡らした綿棒で細かなホコリを取るようにすれば、ホコリによる「擦り傷」を防ぎながらキレイにすることができます。

油汚れの付着は、放置すると表面の塗装が傷んでしまう可能性があるため、気が付いたときに直ちにウェットティッシュなどで拭き取るようにしましょう。ただし、しつこい汚れを除去したいからとガソリンやシンナーを使ってしまうとプラスチックそのものが溶けてしまう可能性があるため使わない方が良いでしょう。

箱はどうしてもかさばりますが、できるだけ角が潰れたり箱の表面に目立つスレが付かないような保存の仕方をしておきましょう。また、箱に値札シールなどが張り付いていて、剥がすと剥がし跡が残りそうという場合は、無理に剥がさずそのまま査定に出すのが賢明です。

箱や付属品、説明書は揃えておこう

箱に入っていることはもちろん、付属のシールや説明書などが揃っていれば、プラス査定が期待できます。購入時の状態に近いほど高額買取となりやすいので、長期間コンディションを維持しながら保存しておけるような環境を工夫し、整えてみてください。

価値のわからないものこそ専門店に相談しよう

鉄道模型の関連アイテムは、駅や踏切に始まり、信号機、鉄路柵など多岐に渡り、値段が比較的安いものから希少価値があり高値がつくものまで様々です。たとえば祖父や父親が残したコレクションなど、家に昔からあるがどういう品か分からないというような鉄道模型こそ、長く鉄道模型を買取している専門店の鑑定士にきちんと査定してもらい、価値を明らかにしておくことをおすすめいたします。

PAGE TOP